東京ドームシティアトラクションズのチケットを割引価格で入手する方法

東京ドームシティアトラクションズ

東京ドームシティアトラクションズのチケットを割引価格で入手する方法はJAF・福利厚生サービスのベネフィット・コンビニファミマ・金券ショップを含め全11種類です。

ただいくらチケットを最安値で入手したいと思っても、東京ドームシティアトラクションズに行く前に事前購入しなければならないので当サイトのキャラクターである『わりびきちゃん』が今日にでも最安値チケットを入手できるよう購入方法を分かりやすく解説していきます。

最安値で入手する方法を先にお伝えすると会員制優待サービスの『みんなの優待』で、東京ドームシティアトラクションズのチケットを920円引きで入手することができます。

 

当サイト『ぜんわり』の記事を読むことで、

  • 東京ドームシティのチケットの割引価格
  • 最安値チケットの入手方法
  • 駐車場割引

これらが分かりますので都市型複合レジャーランド『東京ドームシティ』に最安値で行くために、ぜひ参考にしてください。

わりびきちゃんわりびきちゃん

みんなの優待とは130万件以上の割引優待サービスを誇る、日本一の福利厚生サービスベネフィットと提携しているサービスです!

本来なら月々490円かかりますが、今なら初月無料なので実質0円でクーポンを入手することができるよ。

今すぐ東京ドームシティのチケットを最安値(2019年3月31日まで限定大人920円引き)で入手したい方はみんなの優待公式HPで大人チケットと交換できる特10チケットを入手していきましょう。

東京ドームシティのチケットの通常料金と当日割引

東京ドームシティ

東京ドームシティのチケット通常料金と当日割引情報

  • 通常料金
  • アトラクション料金
  • 障害者割引

チケット通常料金&ナイト割引

種別大人シニア/中人小人幼児
ワンデーパスポート
1日乗り放題
(当日のみ有効)
3,900円3,400円2,500円1,500円
ナイト割引パスポート
17:00~乗り放題
(当日のみ有効)
2,900円2,500円2,100円
ライド5(乗物5回券)
5つのアトラクションに乗車できるチケット
(複数人でのご利用不可)
2,600円

アトラクション料金

アトラクション名料金
420円
520円
620円
720円
820円
1,030円

障害者割引

種別大人シニア/中人小人幼児
ワンデーパスポート
1日乗り放題
(当日のみ有効)
2,900円2,400円2,100円1,300円

※必ずご利用規定をご確認ください。アトラクションにより、付添いが必要な場合や、ご乗車いただけない場合があります。

引用:東京ドームシティ|ご利用料金

東京ドームシティの人気動画

東京ドームシティアトラクションズのチケット割引クーポン11選

須磨水族館 割引

東京ドームシティアトラクションズのチケットを割引価格で入手する方法11選

  1. みんなの優待
  2. 駅探バリューDays
  3. dエンジョイパス
  4. デイリーPlus
  5. コンビニ
  6. クレジットカード
  7. 金券ショップ
  8. ベネフィット
  9. メルカリ
  10. オークション
  11. クーポン印刷

みんなの優待で割引クーポン入手

東京ドームシティのチケットを最安値で購入する方法(大人920円、大人2人子ども1人で行くなら1840円割引)は、みんなの優待の会員制優待サービスを利用することです。

みんなの優待とは全国130万件以上を保有する会員割引サービスのことで月額480円の料金がかかりますが、最初の1ヶ月は無料で利用することができます。

1ヶ月間無料で利用することができるので、東京ドームシティに行くならみんなの優待を利用しないと大人チケット920円分損です。

 

みんなの優待ご利用までの3つの流れ

  1. 会員登録のためメールアドレス・名前などを入力
  2. 登録したメールアドレスに仮登録完了のメール受信
  3. 仮登録のメールがきたら本登録完了、今すぐ割引サービス開始

 

*大人920円引き

2019年3月31日まで限定

みんなの優待公式HPはこちら>

 

駅探バリューDaysで割引クーポンを入手

東京ドームシティのチケットは会員制優待サービスの駅探バリューDaysを利用することでも大人920円、大人2人子ども1人で行くなら1840円割引です。

駅探バリューDaysとは全国120万件以上を保有する会員割引サービスのことで月額324円の料金がかかります。

ただいくら月額324円かかるといっても、イオンシネマで映画をみるのであれば最安値(1800円→1500円)でチケット入手できるので東京ドームシティに行くなら駅探バリューDaysです。

 

駅探バリューDaysご利用までの3つの流れ

  1. ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、楽天ペイ、クレジットーカード決済を選択
  2. メールアドレスや名前などを入力して駅探アカウントを習得
  3. 駅探アカウントにお支払い情報入力して、今すぐ割引サービス開始

 

*大人920円引き

2019年3月31日まで限定

駅探バリューDays公式HPはこちら>

 

dエンジョイパスで割引クーポンを入手

東京ドームシティのチケットはドコモが運営している『dエンジョイパス』でも(大人920円割引)で入手することができます。

dエンジョイパスの利用は月額500円の料金がかかりますが、31日間は無料で利用することができるので東京ドームシティに行くならdエンジョイパスを利用しないと損です。

 

*大人920円引き

2019年3月31日まで限定

dエンジョイパス公式HPはこちら>

 

デイリーPlusで割引クーポン入手

東京ドームシティのチケットは会員制優待サービスのデイリーPlusを利用することでも大人920円割引になります。

デイリーPlusとは全国100万件以上を保有する会員割引サービスのことで月額540円の料金がかかりますが、登録した月と翌月の2ヶ月間無料です。

2ヶ月間無料になるので、東京ドームシティに行くならぜひお試しください。

 

*大人920円引き

2019年3月31日まで限定

デイリーPlus公式HPはこちら

 

JTBコンビニ前売り券(セブンイレブン・ファミリーマート)を発行

東京ドームシティのチェットをコンビニで購入すると大人200円・子ども100円割引且つチケット売り場に並ばなくてすむメリットがあります。

チケット売り場は夏休みなど繁忙期になると長蛇の列ができるので、コンビニで事前購入しておくと列に並ぶのを回避することができるのです。

東京ドームシティチケットコンビニで発行する方法

コンビニで東京ドームシティのチケットを発行する方法

  • ファミリーマート:レジ付近にあるチケット発券機から発行
  • セブンイレブン:店内のマルチコピー機から発行

クレジットカードで購入

東京ドームシティのチケット売り場でエポスカードを提示すると大人200円割引になります。

さらにクレジットカードで購入すると現金と違いポイントを貯めることができるので一石二鳥です。

今ならエポスカードを発行すると最低2000ポイントもらえるので、東京ドームシティに来場するならぜひお試しください。

エポスカードの特典

  • 年会費無料で海外の傷害保険がつく
  • 全国の飲食店で割引
  • 商業施設(マルイなど)のポイントがお得にたまる
  • カラオケ(シダックス30%OFFなど)割引
  • 提携先の遊園地や水族館の入場料(10%〜20%OFF)割引

 

▼200円引き・今なら2000ポイントプレゼント▼

エポスカード公式HPはこちら>

 

金券ショップで購入

東京ドームシティのチケットは大黒屋などの金券ショップで安く購入することができます。

金券ショップの割引価格は各店舗によって異なりますので、最寄りの金券ショップで確認してみてください。

ベネフィット会員証を提示

東京ドームシティのチケット窓口に福利厚生サービスベネフィットの会員証を提示すると大人920円割引で購入できます。

ベネフィットの会員になるには提携している企業に勤めるしかありませんが、会員優待サービス『みんなの優待』を利用するとベネフィットと同じ優待サービスを受けることができるのです。

 

メルカリで購入

平成30年12月現在、東京ドームシティのチケットはフリマアプリのメルカリでアトラクションチケットが複数枚1500円前後で出品されています。

出品者がいるのが条件になりますがメルカリでも割引価格で入手できるのです。

 

メルカリ公式HPはこちら>

 

オークション(ヤフオクなど)で購入

出品者と購入者をマッチングさせるオークションでも、平成30年12月現在東京ドームシティのアトラクションチケットが複数枚1500円前後で出品されているのです。

クーポン印刷

東京ドームシティ公式HPからクーポンを印刷すると大人200円割引になります。

【番外】JAF会員証を提示

日本自動車連盟のJAF会員証割引はありません。

JAF会員になると路上で起きたトラブル(バッテリー上がり・タイヤのパンク)に24時間対応してくれるので、車を安全・安心に運転したい方は加入しておいて損はないです。

入会金1500円・年会費4000円=5500円かかりますが、1年で5500円になるので万が一のトラブルが発生した際にかかる料金よりはお得になります。

 

JAF公式HPはこちら>

 

【2019年東京ドームシティアトラクションズ割引】最安値でチケットを入手するなら『みんなの優待』を利用しよう

東京ドームシティ

東京ドームシティのチケットを割引価格で購入するなら、会員制優待サービス『みんなの優待』おすすめします。

みんなの優待は月額480円かかりますが、最初の1ヶ月は無料になるので最安値で東京ドームシティに行くことができます。

みんなの優待ご利用までの3つの流れ

  1. 会員登録のためメールアドレス・名前などを入力
  2. 登録したメールアドレスに仮登録完了のメール受信
  3. 仮登録のメールがきたら本登録完了、今すぐ割引サービス開始

 

*大人920円引き

2019年3月31日まで限定

みんなの優待公式HPはこちら>

 

東京ドームシティの駐車場割引

東京ドームシティの駐車場割引はありませんが、日本最大級の駐車場予約サービスakippaを利用する方法があります。

akippa利用することで東京ドームシティから徒歩10分圏内にある駐車場若しくはパーキングを1日1290円から予約することができるのです。

akippaを利用するとゴールデンウィーク・夏休み(お盆)などの繁忙期に駐車場に停めることができない事態を防ぐことができますので、ぜひお試しください。

 

akippa公式HPはこちら>

 

東京ドームシティの地図はこちら

  • 所在地: 〒112-0004 東京都文京区後楽1丁目3−61
  • 電話:03-5800-9999
  • 営業時間:10時〜21時
  • マップコード(カーナビに入力すると目的地に着く):735 236*58

東京ドームシティの割引を知ったらホテルを比較しよう

東京ドームシティに宿泊で行くなら、割引情報と併せて周辺ホテルの値段を比較検討してみませんか?

周辺ホテルは早めに押さえておかなければ、特に繁忙期のシーズンは1ヶ月前から予約しておかないと満室になってしまいます。

東京ドームシティ周辺のホテルを比較するならフリーワード検索で東京ドームシティと検索すると20つの候補が出てくるので、ぜひ安くて良い宿を探してみてください。

 

東京ドームシティ周辺のホテルをチェックする>

 

おわりに:東京ドームシティの割引情報まとめ

東京ドームシティ

最後に当サイト『ぜんわり』で紹介した東京ドームシティのチケット割引情報をまとめると、

  1. みんなの優待
  2. 駅探バリューDays
  3. dエンジョイパス
  4. デイリーPlus
  5. コンビニ
  6. クレジットカード
  7. 金券ショップ
  8. ベネフィット
  9. メルカリ
  10. オークション
  11. クーポン印刷

これら11種類で、最安値で東京ドームシティに行くなら『みんなの優待』です。

 

みんなの優待は月額540円かかりますが、登録してから30日間は無料になります。

登録してから30日間は無料になるので、東京ドームシティ以外に利用しないのであれば東京ドームシティに行った帰りにスマホで解約すると実質0円で利用することが可能です。

もし解約するのであれば忘れないためにも、スマホのカレンダーや卓状メモに『東京ドームシティの帰りにみんなの優待を解約』とメモして、最安値料金(大人920円引き)で楽しんでいきましょう!

 

*大人920円引き

2019年3月31日まで限定