スカイツリーのチケットを割引価格で入手する方法

スカイツリー

スカイツリーのチケットを割引価格で入手する方法は福利厚生サービスのベネフィット・コンビニファミマ・金券ショップを含め全13種類です。

ただいくらチケットを最安値で入手したいと思っても、スカイツリーに行く前に事前購入しなければならないので当サイトのキャラクターである『わりびきちゃん』が今日にでも最安値チケットを入手できるよう購入方法を分かりやすく解説していきます。

最安値で入手する方法を先にお伝えすると会員制優待サービスの『みんなの優待』で、スカイツリーのチケットを410円引きで入手することができます。

 

当サイト『ぜんわり』の記事を読むことで、

  • スカイツリーのチケットの割引価格
  • 最安値チケットの入手方法
  • 駐車場割引

これらが分かりますので東京都墨田区押上一丁目にある電波塔スカイツリーに最安値で行くために、ぜひ参考にしてください。

わりびきちゃんわりびきちゃん

みんなの優待とは130万件以上の割引優待サービスを誇る、日本一の福利厚生サービスベネフィットと提携しているサービスです!

本来なら月々490円かかりますが、今なら初月無料なので実質0円でクーポンを入手することができるよ。

今すぐスカイツリーのチケットを最安値(2019年2月14日まで限定大人・子ども410円引き)で入手したい方はみんなの優待公式HPで入手していきましょう

スカイツリーのチケットの通常料金と当日割引

スカイツリー

スカイツリーのチケットの通常料金と当日割引

  • 展望台350m通常料金
  • 展望台450m通常料金
  • 展望台のセット券
  • 団体割引

展望台350m通常料金と朝割&障害者割引

券種大人中人小人幼児
18歳以上高校生/中学生
12~17歳
小学生
6~11歳
4~5歳
当日券 ※12,060円
(1,030円)
1,540円
(770円)
930円
(460円)
620円
(310円)
日時指定券 ※2
インターネット販売セブン-イレブン販売

朝割

8:00~9:30

2,100円
(1,050円)
1,600円
(800円)
1,000円
(500円)
700円
(350円)
10:00~20:302,600円
(1,300円)
2,100円
(1,050円)
1,400円
(700円)
1,000円
(500円)
特定日※32,800円
(1,400円)
2,200円
(1,100円)
1,500円
(750円)
1,200円
(600円)

()内は障害者割引の料金です。

日時指定券のチケットの購入は行く日の3日前から2ヶ月先まで購入できます。

予約したい方は東京スカイツリー公式HPから購入手続きをしてみてください

展望台450m通常料金と朝割&障害者割引

券種大人中人小人幼児
18歳以上高校生/中学生
12~17歳
小学生
6~11歳
4~5歳
当日券1,030円
(510円)
820円
(410円)
510円
(260円)
310円
(150円)

展望台350m&450mセット券の通常料金と朝割&障害者割引

券種大人中人小人幼児
18歳以上高校生/中学生
12~17歳
小学生
6~11歳
4~5歳
当日券セット券の設定はございません
日時指定券 ※4インターネット販売セブン-イレブン販売

朝割

8:00~9:30

3,000円
(1,500円)
2,300円
(1,150円)
1,400円
(700円)
900円
(450円)
10:00~20:303,600円
(1,800円)
2,900円
(1,450円)
1,900円
(950円)
1,300円
(650円)
特定日 ※53,800円
(1,900円)
3,000円
(1,500円)
2,000円
(1,000円)
1,500円
(750円)

団体割引

15名以上でスカイツリーに行くなら団体割引がお得。

団体割引は事前予約が必要なので東京スカイツリー公式HPから予約するようにしていきましょう。

スカイツリーの大人気動画

スカイツリーのチケット割引クーポン13選

スカイツリー

スカイツリーのチケットを割引価格で入手する方法13選

  1. みんなの優待
  2. 駅探バリューDays
  3. dエンジョイパス
  4. デイリーPlus
  5. すみだ水族館セット券
  6. コンビニ
  7. クレジットカード
  8. 金券ショップ
  9. ベネフィット
  10. メルカリ
  11. オークション
  12. 東武鉄道の株主券
  13. 墨田区民

みんなの優待で割引クーポン入手

スカイツリーのチケットを最安値で購入する方法(大人410円、大人2人子ども1人で行くなら1130円割引)は、みんなの優待の会員制優待サービスを利用することです。

みんなの優待とは全国130万件以上を保有する会員割引サービスのことで、月額480円の料金がかかりますが、初めての方限定で最初の1ヶ月は無料で利用することができます。

1ヶ月間無料で利用することができるので、スカイツリーに行くならみんなの優待を利用しないと大人チケット410円分損です。

 

みんなの優待ご利用までの3つの流れ

  1. 会員登録のためメールアドレス・名前などを入力
  2. 登録したメールアドレスに仮登録完了のメール受信
  3. 仮登録のメールがきたら本登録完了、今すぐ割引サービス開始

 

*大人410円・子ども310円引き

2019年2月14日まで限定

みんなの優待公式HPはこちら>

 

駅探バリューDaysで割引クーポンを入手

スカイツリーのチケットは会員制優待サービスの駅探バリューDaysを利用することでも大人410円、大人2人子ども1人で行くなら1130円割引です。

駅探バリューDaysとは全国120万件以上を保有する会員割引サービスのことで月額324円の料金がかかります。

ただいくら月額324円かかるといっても、イオンシネマで映画をみるのであれば最安値(1800円→1500円)でチケット入手できるのでスカイツリーに行くなら駅探バリューDaysです。

 

駅探バリューDaysご利用までの3つの流れ

  1. ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、楽天ペイ、クレジットーカード決済を選択
  2. メールアドレスや名前などを入力して駅探アカウントを習得
  3. 駅探アカウントにお支払い情報入力して、今すぐ割引サービス開始

 

*大人410円・子ども310円引き

2019年2月14日まで限定

駅探バリューDays公式HPはこちら>

 

ドコモのdエンジョイパスで割引クーポンを入手

スカイツリーのチケットはドコモが運営している『dエンジョイパス』でも(大人410円、大人2人子ども1人で行くなら1130円割引)で入手することができます。

dエンジョイパスの利用は月額500円の料金がかかりますが、31日間は無料で利用することができるのでスカイツリーに行くならdエンジョイパスを利用しないと損です。

 

*大人410円・子ども310円引き

2019年2月14日まで限定

dエンジョイパス公式HPはこちら>

 

デイリーPlusで割引クーポン入手

スカイツリーのチケットは会員制優待サービスのデイリーPlusを利用することでも大人410円、大人2人子ども1人で行くなら1130円割引になります。

デイリーPlusとは全国100万件以上を保有する会員割引サービスのことで月額540円の料金がかかりますが、登録した月と翌月の2ヶ月間無料です。

2ヶ月間無料になるので、スカイツリーに行くならぜひお試しください。

 

*大人410円・子ども310円引き

2019年2月14日まで限定

デイリーPlus公式HPはこちら

 

すみだ水族館セット券を購入

2019年2月13日現在、すみだ水族館のセット券は終了しています。

JTBコンビニ前売り券(セブンイレブン・ファミリーマート)を発行

スカイツリーのチェットのコンビニ割引はありません。

ただ前売り券を購入することで、チケット売り場に並ばなくてすむメリットがあります。

チケット売り場は夏休みなど繁忙期になると長蛇の列ができるので、コンビニで事前購入しておくと列に並ぶのを回避することができるのです。

スカイツリーチケットコンビニで発行する方法

コンビニでスカイツリーのチケットを発行する方法

  • ファミリーマート:レジ付近にあるチケット発券機から発行
  • セブンイレブン:店内のマルチコピー機から発行

クレジットカードで購入

スカイツリーのチケットをクレジットカードで購入すると現金と違いポイントを貯めることができるので一石二鳥です。

今ならエポスカードを発行すると最低2000ポイントもらえるので、スカイツリーに来場するならぜひお試しください。

 

エポスカードの特典

  • 年会費無料で海外の傷害保険がつく
  • 全国の飲食店で割引
  • 商業施設(マルイなど)のポイントがお得にたまる
  • カラオケ(シダックス30%OFFなど)割引
  • 提携先の遊園地や水族館の入場料(10%〜20%OFF)割引

 

▼今なら2000ポイントプレゼント▼

エポスカード公式HPはこちら>

 

金券ショップで購入

スカイツリーのチケットは大黒屋などの金券ショップで安く購入することができます。

金券ショップの割引価格は各店舗によって異なりますので、最寄りの金券ショップで確認してみてください。

ベネフィット会員証を提示

スカイツリーのチケット窓口に福利厚生サービスベネフィットの会員証を提示するとご優待価格で購入できます。

メルカリで購入

2019年2月現在、スカイツリーのチケットはフリマアプリのメルカリで大人500円割引券が1枚300円前後で出品されています。

出品者がいるのが条件になりますがメルカリでも割引価格で入手できるのです。

 

メルカリ公式HPはこちら>

 

オークション(ヤフオクなど)で購入

出品者と購入者をマッチングさせるオークションでも、2019年2月現在スカイツリーの大人500円割引券が1枚300円前後で出品されているのです。

東武鉄道の株主優待になる

東武鉄道の株主優待になることでスカイツリーの30%割引券をもらうことができます。

墨田区民の割引

墨田区に在住するものを証明することで大人620円割引になります。

ただ割引の有無は時期によって異なるので、東京スカイツリー公式HPで確認するようにしてみてください。

【2019年スカイツリー割引】最安値でチケットを入手するなら『みんなの優待』を利用しよう

スカイツリー

スカイツリーのチケットを割引価格で購入するなら、会員制優待サービス『みんなの優待』おすすめです。

みんなの優待は月額480円かかりますが、最初の1ヶ月は無料になるので最安でスカイツリーに行くことができます。

みんなの優待ご利用までの3つの流れ

  1. 会員登録のためメールアドレス・名前などを入力
  2. 登録したメールアドレスに仮登録完了のメール受信
  3. 仮登録のメールがきたら本登録完了、今すぐ割引サービス開始

 

*大人410円・子ども310円引き

2019年2月14日まで限定

みんなの優待公式HPはこちら>

 

スカイツリーの駐車場割引

スカイツリーの駐車場割引はスカイツリー内の各店舗の買い物金額に応じて割引(3000円以上なら1時間・5000円以上なら2時間)があります。

また駐車場予約サービスakippa利用することでスカイツリーから徒歩10分圏内にある駐車場若しくはパーキングを1日540円から予約することができるのです。

akippaを利用するとゴールデンウィーク・夏休み(お盆)などの繁忙期に駐車場に停めることができない事態を防ぐことができますので、ぜひお試しください。

 

akippa公式HPはこちら>

 

スカイツリーの地図はこちら

  • 所在地:〒131-0045 東京都墨田区押上1丁目1−2
  • 電話:0570-550-634
  • 営業時間:8時〜22時(時期によって異なる)

スカイツリーの割引に関するQA

スカイツリーにau割引はありますか?

2019年2月14日現在au割引はありません。

スカイツリー料金に値下げはある?

上記紹介した割引サービスで値下げできます。

スカイツリーのクーポンでドコモはある?

当記事でドコモの運営しているdエンジョイパスを紹介しているので参考にしてください。

スカイツリーの混雑状況は?

子どもが長期休みの時は主に混雑します。

スカイツリー当日券の裏技はある?

裏技はないです。

東部カードのスカイツリー割引はある?

東京スカイツリーの展望デッキを割引価格で入場できます。

スカイツリーは予約なしでも入れる?

長期休みの土日やイベントを除き、予約なしでも入れます。

おわりに:スカイツリーの割引情報まとめ

スカイツリー

最後に当サイト『ぜんわり』で紹介したスカイツリーのチケット割引情報をまとめると、

  1. みんなの優待
  2. 駅探バリューDays
  3. dエンジョイパス
  4. デイリーPlus
  5. すみだ水族館セット券
  6. コンビニ
  7. クレジットカード
  8. 金券ショップ
  9. ベネフィット
  10. メルカリ
  11. オークション
  12. 東武鉄道の株主券
  13. 墨田区民

これら13種類で、最安値でスカイツリーに行くなら『みんなの優待』です。

 

みんなの優待は月額540円かかりますが、登録してから30日間は無料になります。

登録してから30日間は無料になるので、スカイツリー以外に利用しないのであればスカイツリ0に行った帰りにスマホで解約すると実質0円で利用することが可能です。

ただスカイツリーを含め120万件以上の施設でご利用できるので、登録した30日間の期間はお得な割引情報をチェックして損しないようにしていきましょう!

 

*大人410円・子ども310円引き

2019年2月14日まで限定